ムービング

映像制作の根本に関わる重要な要素の技術

映像作品を見慣れている現在の視聴者は、簡単な表現の映像手法では驚くことがなくなりました。最新のテレビ番組や映画では、非常に高度なテクニックが用いられています。その技術力に追随していくというのは大変なことです。そのため、表面的なテクニックよりも、映像作品の根本のクオリティを高めることが、たとえ技術面で劣っていたとしても優れた作品を作り出すコツです。映像制作で重要であるのは、映像作品の骨格となるシナリオの部分です。映像制作の前には、まずどのような趣旨の映像作品を作るかや、さらには映像作品を構成する各シーンの組み立てについて定めておかなければなりません。シナリオの構成は、作品には直接表れる事はなくとも、映像作品のクオリティに直接関わってくる要素です。映像制作の根本に関わる技術面を磨くことにより、小手先のテクニックには頼ることのない、本質的な品質という点で高い評価が得られるような映像作品を作ることができます。

カメラマンに求められる映像制作の高度な技術力

映像制作にとって欠かせない人員であるのが、カメラマンです。カメラは、一般人でも利用する機会は多いです。しかしながら、カメラ撮影を本業とするカメラマンの技術は、一般の人をはるかに凌駕しています。被写体を確実に捉えてフレームに美しく収めるための技術は、簡単には身につけることはできません。また、鮮明な映像を映像制作のために撮影するためには、焦点の操作に繊細な感覚が必要です。業務用のカメラによっては、オートフォーカス機能が効かないものもあることから、カメラマン自身のフォーカスに対する感覚が重要です。確かな技術力に支えられているカメラマンとして活動するにふさわし能力を身につけるには、実際にカメラを利用して被写体を映し出す練習を重ねていくことが重要です。自己流でカメラマンとして必要な能力を磨いたり、あるいは映像関連の専門学校に通学して、機材の扱い方など専門的な指導を受けるというのも、選び得る選択肢としてあります。

pickup

最終更新日:2017/9/7


・・・上部へ戻る・・・